最初の1週間はまさに悪戦苦闘

次の日から、体重計に乗ると更に体重が減り始めた。以前は食べ辛かったふすまパンにも次第に慣れてきて、スープなどに浸したり、ハムや野菜のサンドイッチにして食べるようになった。以前は、自いパンと同様に考えていたため、何もつけずに食べていたのが美昧しくなかったのだ。

このように、糖質制限食を開始したばかりの最初の1週間は、まさに悪戦苦闘の連続であった。2年半を経過した現在から考えると非常にプリミティブな初歩の初歩の糖質制限食である。

今、冷静に考えてみると、私か当時毎日1キロずつ痩せていくことが出来だのは、糖質制限食プラス、カロリー制限の効果も加わっていたように思う。というのも当時はまだ肉や魚を沢山食べてもいいという「満腹ダイエット」的な習慣に慣れておらず、糖質を制限するだけでなく、食事量そのものが少なくなってしまっていたからだ。

この結果、必要なエネルギー量を食事から摂っていなかったため、エネルギー不足となり、フラフラになっていた。

だが、当時の私はそれでも必死に取り組み、エネルギー不足で倒れそうになるのも糖質制限を乗り越えるための「試練」だと思っていた。今に考えると何ともけなげな話である。

その苦労の甲斐あって、糖質制限を始めた最初の1週間で体重は7キロ減った。だが、ふすまパンがあるので、これを沢山食べると、多少なりとも糖質を含んでいるため、どうしても体重が戻ってしまう。

特に、最初の3日間は毎食飢えたように、ふすまパンを食べたので、朝、量ると逆に2キロ増えていた。その時、糖質を摂ることで体重は、非常に敏感に反応し、たちまち体重として現れることも分った。そうこうするうち、10日目に病院の検査があった。

結果は前回より明らかに改善し、体重も5キロ減だった。もし、ふすまパンを大量に食べていなければ、糖質制限10日目で7キロだったのにと私は悔んだ。

自宅に戻って、妻に検査結果を報告し、糖質制限食が目覚しい効果を挙げていることを説明した。それを聞いて、吉村も大いに喜んでくれた。こうして我家の食事も、本格的な糖質制限食へと移行するメインスイッチが入ったのだ。