地元の古くから続いているお祭りで楽しめた話

みなさんはお祭りは好きですか。地元の夏祭りや、イベントでの祭り、ただ騒ぎたいから祭りと称して集まるとかいろいろあります

。私は地元で古くから続いている伝統的なお祭りで、友達と初めての体験をしたことで、普段の娯楽などとは、ちょっと違った楽しむことができました。

私は若い頃は実家を離れて都会で仕事をしていましたが、家庭の事情で実家のある現在の場所に戻ってくることになりこちらで生活をしております。

私も学生の頃までは地元でしたが、都会で仕事をしてからは地元に一度も帰ってきませんでした。そんなある日の事、学生時代の友達がふいに訪ねてきたのです。

友達の話では、来月最初の日曜日に地元のお祭りがあるので、私にも参加しないかを聞いてきたのです。

私は地元に祭りがあった事は、今日初めて聞き驚きました。友達によると昔から祭りはあったらしいが、私達の子供の頃は、部活や勉強が忙しく当時の子供はほとんど参加せず、大人達だけでやっていたらしいのです。

現在もほとんど子供は参加せず大人ばかりでやっているようで、私はその時は変わった祭りだなと思いました。

友達の話では当日の朝8時から準備があるので近所の公民館に集合してくれと言われ、私は了承して祭りに行くことにしました。祭り当日の朝に行くと地元の大人たちが100人近く集まっていました。

全員が揃ったのを見計らってリーダーらしき人が、作業の班分けと、作業内容をみんなに話します。

作業は大きく分けて3つ、祭り用の笹竹を山に獲りに行く班、シデという神社のしめ縄にしめこまれている紙を作る班、わらで縄を編む班です。
私はシデを作る班になり、友達と作りました。最初は簡単そうに見えましたがやってみると意外と難しいので、だんだんはまり面白くなってきて、友達みんなで競争して作りました。

最初は下手でしたが、数をこなすうちに要領を得て上手くなったので、友達たちは私の周りに集まり、作り方を習いにくるので、私は久々に自分が主役になれた気がして嬉しくなりました。(*^。^*)

そしてシデもみんなで競争して作ったので相当な数が出来ました。他の班も作業が片付いているので、全員で地元に祀っている神社に行き、友達みんなで飾り、その後全員で食事会をすることになり、久々にあう友達も多く昔の話や今の生活の話を辺りが暗くなるまで続け、最後まで笑いの絶えない子供の頃に戻ったような楽しい時間を過ごすことができました。

大人しか参加しない理由は日頃生活で忙しい大人に子供の頃にかえって遊んでほしいということだと気が付きました。次回もこの祭りがあれば是非参加しようと思います。