次の日から、体重計に乗ると更に体重が減り始めた。以前は食べ辛かったふすまパンにも次第に慣れてきて、スープなどに浸したり、ハムや野菜のサンドイッチにして食べるようになった。以前は、自いパンと同様に考えていたため、何もつけずに食べていたのが美昧しくなかったのだ。

このように、糖質制限食を開始したばかりの最初の1週間は、まさに悪戦苦闘の連続であった。2年半を経過した現在から考えると非常にプリミティブな初歩の初歩の糖質制限食である。

今、冷静に考えてみると、私か当時毎日1キロずつ痩せていくことが出来だのは、糖質制限食プラス、カロリー制限の効果も加わっていたように思う。というのも当時はまだ肉や魚を沢山食べてもいいという「満腹ダイエット」的な習慣に慣れておらず、糖質を制限するだけでなく、食事量そのものが少なくなってしまっていたからだ。

この結果、必要なエネルギー量を食事から摂っていなかったため、エネルギー不足となり、フラフラになっていた。

だが、当時の私はそれでも必死に取り組み、エネルギー不足で倒れそうになるのも糖質制限を乗り越えるための「試練」だと思っていた。今に考えると何ともけなげな話である。

その苦労の甲斐あって、糖質制限を始めた最初の1週間で体重は7キロ減った。だが、ふすまパンがあるので、これを沢山食べると、多少なりとも糖質を含んでいるため、どうしても体重が戻ってしまう。

特に、最初の3日間は毎食飢えたように、ふすまパンを食べたので、朝、量ると逆に2キロ増えていた。その時、糖質を摂ることで体重は、非常に敏感に反応し、たちまち体重として現れることも分った。そうこうするうち、10日目に病院の検査があった。

結果は前回より明らかに改善し、体重も5キロ減だった。もし、ふすまパンを大量に食べていなければ、糖質制限10日目で7キロだったのにと私は悔んだ。

自宅に戻って、妻に検査結果を報告し、糖質制限食が目覚しい効果を挙げていることを説明した。それを聞いて、吉村も大いに喜んでくれた。こうして我家の食事も、本格的な糖質制限食へと移行するメインスイッチが入ったのだ。

 

3日目、4日目も同じようなメニューの繰り返しで、これは先行きどうしようかと思い始めた頃、京都高雄倶楽部に発注していた糖質制限食の「ローカーボふすまパン」が届いた。

このふすまパンは100g中に含まれる糖質は3・9gで安心して食べられるとあって、その到着を心待ちにしていたのだ。だが、冷凍で届いたそのパンは、凍ってガチンガチンで、切るだけでも面倒臭かった。だがパンであるだけで有り難かった。それをレンジで解凍してから夜、主食の代りにバターを塗って食べる。

正直言って味は少し期待はずれで、あまり美味しいものではなかった。だが、主食としてパンが食べられるのは大きかった。このふすまパッの到着から料理に少しバリエーションが増え、ハムやソーセージ、肉を焼いた時に重宝した。

こうした生活を続けるうち、自分でも手応えが分る「瞬間」が訪れた。糖質制限食を始めて1週間程経った時の昼だった。昼食を食べていると、突然「ポン」と音がしたような気がして、急に気が楽になった。

汪部氏や宮本氏の著書を繰り返し読んでいるうち、メインスイッチが入る瞬間があるというので「ああ、これだな」と自分で分ったぐらいだった。この日から体重がみるみる落ちていき、1日2キロぐらい減って、開始1週間で7キロ減となった。

ところが、その直前の5日目ぐらいが糖質の「最後の抵抗」で、最高にツラかった。糖質が無性に摂りたくて仕方がない。頭で食べる気もないと分かっていても、戸棚の中の乾麺類を探し、表示を眺めてはまた元の場所にしまったりした。冷凍のふすまパンにもすぐに飽き、半分を切った所で食べるのが嫌になった。

1番辛かったのは心の不安である。糖質が入ってこないため、脳が心に命令しているのか「こんなこと、何時まで続けているんだ」という思いがこみ上げてきた。

それに打ち克つだのは、「理性」と「情報」である。江部氏の著書を最初に読んでいたので、これは、糖質を多く含む食事を長年続けてきた結果の、糖質過多の禁断症状だと思い「とにかく今度だけは、糖質は取らないよ」と自分自身に命じた。すると、1週間目を過ぎたあたり(人によっては10日目あたり)でポーンとメインスイッチが入り、身体も心もツキが落ちたように楽になったのだ。

身体のエネルギーシステムが、それまでの「ブドウ糖・グリコーゲンのシステム」から体脂肪を燃やしてエネルギー源とする「脂肪酸・ケトン体のシステム」に切り替る瞬間だ。ここまでが第一関門である。

 

前日の夜を極めて軽く済ませたために、2日目の朝は、腹が減って朝8時に起きた。このように、糖質制限をキチンと実践すると生活習慣まで本来あるべき姿へと切り変わっていくようになる。

朝目覚めるとお腹が空いてたまらない。だが、料理が思いつかないため、前日と同じメニューにした。冷蔵庫のドアを開け、中のトマトと卵、ベーコンを取り出し、輪切りにして、オリーブオイルをたっぷりと入れたフライパンの周囲に並べた。しかる後に、卵を割り入れ、フタをして蒸し焼きにする。

昨日と全く同じ内容だが、火加減を調節し、卵が半熟になるように工夫した。こうして、同じ料理でも丁寧に作ることで、味が全く変わることも知った。

それだけでも足りない。そこで、前日の昼に作った豆腐のジョンをまた焼いて食べた。卵が多過ぎるかと思ったが、糖質制限では卵は糖質が少ないため、コレステロールは無視した。

朝食を食べた後、購入したばかりの体重計に乗ると体重は87キロと殆んど変化なかった。「何だ、変わっていないじゃないか。やはり糖質制限なんてウソなのか」という疑問も湧いてきた。だが、一度始めた以上はまず何らかの結果が出るまで続けてみようと思った。結果としては、それが良かった。

再び、糖尿病関連の本を読みながら休息して、昼食。今度は吉村がトマトサラダとスープを作ってくれた。それにチーズはOKというので6Pチーズを2個食べた。

しかし、午後、散歩に出ると必ず低血糖になる。しばらく勣けなくなり、夕方、スーパーに食材の買い出しに行った時も店内で、しゃがみ込んだ。当時はまだ血糖降下剤を飲んで、糖質制限をしていたために、低血糖発作を起こしたのだ。この頃は、糖質制限食に対する知識がなく、周囲で誰も実践していなかったために、薬の服用を中止すればいいということも気付かなかったのである。これから始める人には、是非注意していただきたいポイントだ。

2日目の夜は、吉村が大好物のスキ焼きにしてくれた。これと昨日作って食べなかった「厚揚げのたらこマヨネーズグラタン」の残り半分を食べて寝た。連日、限られたメニューで行ける所まで行くという決意だった。

すると体重は毎朝起きて体重計に乗ると、1キロずつ減っていた。

 

私は社会人になってからダイエットを始め、今までいろいろなダイエットを試してきました。

その中で、最近流行になってきている糖質制限ダイエットを行いました。

糖質制限ダイエットとは、文字通り糖質(砂糖類や炭水化物)の摂取を極限まで制限するダイエットです。

栄養素は基本的に糖質・脂質・タンパク質の3つに分類されます。糖質制限ダイエットでは、糖質をカットする代わりに、タンパク質および脂質は摂取しても良いというダイエットです(・_・)

タンパク質は筋肉のもとになる栄養素ですので、大量に摂取しても問題ないとの認識はありましたが、脂質も意識しないで摂取可能ということには最初抵抗がありましたが、実際に行ってみて効果があったので、安心しました。

私は筋トレをしていますので、糖質はトレーニング前の大事なエネルギー源ですので、これをカットするのはどうかとも思いましたが、その分体が脂質をエネルギーとして使用するので、代替作用があります。

脂質に関してはサラダ油などの一般的な油も使用していましたが、基本的には良質の油を使用していました。食事の際はオリーブオイルを使い、たまにごま油を使って調理していました。

また別途、エネルギーとして魚油をタブレットで摂取していました。

タンパク質については、かなり大量に摂取しており、1日に体重×3g程摂取していました。プロテインについては1日5杯は飲み、食事も鶏肉中心で5食は摂るようにしていました。

糖質をカットすることで心配していた集中力や体力の低下についても脂質かカバーしてくれていたので問題なく、またカタボリック(筋肉の分解)も防止できたので、効果的でした。

ダイエット期間中はカロリーを気にしないでとにかく糖質を意識していました。糖質というのは意外にに色々なものに含まれています。野菜にも含まれますので、糖質量をネットで調べて食べるように工夫していました。

結果としては、半年で体重は7Kg落とすことができ、筋肉量自体はほぼキープできました!(^^)!

確実に 痩せる

 

糖質制限食の難しさは、開始した日の昼からすぐ直面した。糖尿病が発覚する前、私か自宅にいる際は、パスタか信州そばなどの麺類、あるいはマルちゃんの蒸し焼きそばをどちらか作って食べるという生活をしていた。

糖質制限食を始めた当初は、一日三食キチンと食べなくてはならないという常識にとらわれていたため、午前11時頃から自分で昼食の準備をしようとしたが、さて、何を作ればいいのか分からない。麺類と朝食ぐらいなら執筆の合い開に調理していた自分には何も作るものがないことに気付き、愕然とした。パスタ類や乾麺のそば類が保管してある戸棚を開けても食べるものがない。素麺もビーフンも駄目である。

かといって、最初の日からダウンしていては何もならない。そこで、豆腐があるのを思い出し、韓国料理にあるジョンを作った。これは卵を割りほぐし、塩を少々入れて、豆腐のサイの目に切ったものを混ぜ、ゴマ油をフライパンに引いて両面焼く、これとソーセージがあったので、5~6本まとめて焼いて昼食にした。

そしてまた読書と散歩である。歩きながら何とか3週間前後で体重を減らしてやるうと思った。ところが当初は、血糖値を下げる薬を飲んでいたため、散歩する午後2時頃になると低血糖症状を起こし、しばらく座って動けなくなるほど気分が悪くなった。

やはり、糖質制限食は身体に悪いのではないかという不安がふと頭をよぎった。だが、江部医師と作家の宮本輝氏の対話本「我ら糖尿人、元気な理由」を読むと、宮本氏が低血糖状態をしのぎにしのいで糖質制限を続けたという下りがあった。これを読んで、なるほどそんなものかと耐えるだけ耐えた。時には、吉村と二人でスーパーに買い物に行った午後、私が店内で動けなくなり、店のベンチに座り込んだこともよくあった。

吉村もそんな私を見て心配の余り、血圧が上がって夫婦で入れ替わりに病院通いをしたこともあった。

夜は、「満腹ダイエット」というムックにあった「厚揚げのたらこマヨネーズグラタン」を吉村が作ってくれ、私は「厚揚げたっぷりサラダ」を作った。他に家内が野菜スープを作ってくれたが、既に昼食にも豆腐を食べているので、せっかく作ってくれたのに殆んど食べられない。やむなく最初の夜は、野菜スープだけ飲み、焼酎のお湯割りを飲んで寝だ党えがある。

これが記念すべき「糖質制限食第1日目」だった。

 

さて、その最も重要な最初の3週間の過ごし方についてである。

この点でまず、断っておきたいのは、私の場合物書きという職業柄、極端に言えば24時間、自分の時間が自由になったということである。

実は、この利点を当時の私は最大限に利用することにした。短期間にとにかく徹底して「糖質制限」を行なったのである。その結果、人より効果が早く出たことは否めない。

筆者はフリーの物書きである。一般のビジネスマンの様に有給休暇も取れない。従って休んでいれば休んだだけ、収入も減るし、生産も減る。だから短期決戦で結果を出すことに集中せざるを得なかったのだ。

休みを取っだのは正味、3週間だった。仕事のことを考えると正直、これが限度であった。それ以上休むと、月刊誌なら2ヵ月分の締め切りを逃すことになり、3~4ヵ月は収入が途絶えてしまう。それ故私は、今川義元の大群に攻め込まれた織田信長の様に、桶狭間の決戦ならぬ、糖尿病とその合併症の闘いで、敵の大将の首を取らざるを得なかったのだ。

江部医師の著作を始め、糖尿病治療に関する様々な関連書輜を集中して読んで、私はおぼろげなからに光明を見出した。「敵は、糖質にあり」。

糖質過多の食生活と締め切り重視の朝、夜もない生活を続けていた50代後半のおやじ作家にとって、これからの生涯を賭ける「大一番」がやってきた。

最初の3週間が大切と書いたが、この間に緒戦の勝利を収めないと、フリーの制約もあって、そのまま普段の生活に戻り、ずるずると後退しそうな気もした。とにかく、最初の3ヵ月で何か何でも具体的な戦勝を収める。

そう考えて、糖質制限食に臨んだ。

今でも思い出す、初日の朝食は、以前週刊現代の健康な朝食特集で、ある有名医師が食べていた「輪切りトマトと目玉焼の蒸し焼き」であった。

これは、オリーブオイルをたっぷりとフライパンに引き、輪切りにしたトマトを周囲に並べ、真ん中を空けて、そこに卵を割りほぐして目玉焼きにする。これを朝7時に起きて自分で作り始めた。まず第一食は、これで済んだ。意外に簡単で作る側か拍子抜けする程だった。

当初は、医師の指導で血糖降下剤や高血圧治療薬を併用していたから、薬を飲み、そのまま休養した。その間、枕元で江部氏の著作や糖尿病治療に関する本を読み、読み終えるとパートナーの吉村祐美の眼に止まるよう、キッチン兼リビングのテーブルの上に置いておいた。

やがて本好きの彼女も江部氏の著書を熟読し、糖質制限食を理解してくれた。こうして二人で一冊の本を読み、私が読み終えると糖尿病の最新治療についての新書類を買い求め、またテーブルの上に置いておくという生活を続けることになった。

 

「糖質制限食」と一口に言うが、実はそのやり方は、人さまざまでいい。自分の生活実態に合せて、オリジナルなスタイルを工夫するのが一番よいのである。

「糖質制限食」の提唱者である江部康二医師は、これを「テーラーメイドダイエット」と呼んでいる。すなわち、自分の体型に合わせて、オシヤレな服をデザインするように、自分の体質、病状、嗜好に合ったテーラーメイドの食事療法を工夫するのだ。

私の実体験では、3週間、3ヵ月、3年間が糖質制限食を行なう時の重要な節目の期間だと思っている。中でも、大切なのは最初の3週間だ。

正直な話、この最初の3週間で糖質制限食生活にキチンと入れるか否かで、その後の展開が全く変わってくる。

糖質制限ダイエットに成功した数多くのおやじや女性達に会っているが、せっかく始めてもキッチリ成功する人と、やってはみたものの、どうも成果が出ない人に分かれるようだ。

成功した人は殆んど、最初からキチンと糖質制限食を始め、極めて短期間で以前の体重から10~15キロ喊を遠成している。中には私のように20キロ減も少なくない。

糖質制限食、中でも一日三食の「スーパー糖質制限」をキッチリ行なうと、誰でもそうした「驚くような変身」が出来、周囲を驚かせることが出来るのである。

決して、私が特別ではない。キチンとやれば誰でも結果が出せるのが「糖質制限食」なのである。

もっと重要なことをここで言っておこう。実は糖質制限食は、以前デブだった人ほどグングン痩せることが出来る。何故なら、糖質を一定時間制限することで、それまで機能していた「ブドウ糖・グリコーゲンシステム」が機能できなくなる。その結果、本来人間に備わっていたもうひとつの干不ルギー・システムである「脂肪酸・ケトン体システム」に切り換るからである。つまり、かつてデブだった人ほど痩せることが出来る「魔法のダイエット」なのだ。

つまり、2年半前の私のように、メタボリック・シンドロームに悩まされていた人ほど、体脂肪をタップリと貯め込んでいるわけだから、燃やす側も燃やし甲斐がある。それで10キロ、15キロと簡単に痩せていく。

誤解しないように願いたいが、この糖質制限食は、痩せている人にとっては、それ以上に痩せることは出来ない。むしろ太ることさえある。しかし、糖質制限食の実践によって身体の血流が活性化し、無駄な体脂肪も減って、以前より引き締まった身体になる。

中には、痩せていても糖尿病になる人も少なくない。そういう人も、糖質制限食で血糖値が降下し、血糖値コントロールが良化すれば、糖尿病の更なる進行を食い止めることが出来るのだ。